BLOGブログ

あしたの獅子法律事務所でのインターンシップ体験記

西南学院大学 Harun Samuel Situmeang 法学部国際関係法学科 インターンシップに参加した理由や目的人には誰にも、経験を通じて学び、限りなく成長し続けられるという能力が備わっています。そして、成長することで将来より大きなことに挑戦することができます。 私は、これま

発明をしたらどうすべきか(4)

特許化するかノウハウとして秘密管理するかの選択における考慮要素その1:他社が無断で特許発明を実施する可能性は減っていること1 侵害行為の特定容易性を過度に重視すべきではないことかつては,特許権侵害行為の特定容易性に着目し,物の発明として出願できる場合は出願が推奨され,製造方法の発明の場合

発明をしたらどうすべきか(3)

1 特許出願や特許化にはコストがかかること特許出願して、特許権を維持するためには、様々な費用がかかります。まず、特許出願するには、特許庁に納める手数料が1件につき1万6000円かかります。それだけではなく、通常は弁理士などに出願書類の作成を依頼したり出願手続きを任せたりしますので、その費用と

発明をしたらどうすべきか(2)

1 最初に出願をした者に特許権が与えられる特許権は、最初に特許出願をした人に与えられます。この方式を先願主義といいます。ここでのポイント(Point2)は、最初に発明をした人に与えられるわけではなく、最初に特許出願をした人に与えられることです。一方、かつて私が企業で研究していた時には、先

発明をしたらどうすべきか(1)

1 特許権とはみなさんも、「特許権」という言葉はご存じだと思います。発明をして特許権を取り莫大な利益を得たという話を、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。ここでは、まず、特許権がどういうものか簡単に説明したいと思います。特許権には、特許権を侵害する人であれば誰に対しても、侵害行

TOP