NEWS

講演「ものづくり現場の契約書作成のポイント」

令和3年9月9日、辻野篤郎弁護士が、大阪産業局MOBIO事業部主催の講演会「ものづくり現場の契約書作成のポイント」の講師を務めした。

セミナー紹介

自社開発製品の製造を第三者に委託する場合、契約書にはどのような条項を盛り込めば良いでしょうか。また、委託先に発明やアイデアを盗まれるリスクについては、どのように対処すればよいでしょうか。今回のセミナーでは、製造業の社長がアイデア雑貨を製造委託する場面を例にとり、よく取り交わされる契約書の内容を紹介するとともに、交渉上注意すべきポイントを、元上場メーカー法務・知財部出身の弁護士が分かりやすく説明します。

内容
①秘密情報管理の留意点と秘密保持契約の結び方(ノウハウの流出を防ぐためには?)
②製造委託契約の条項例及び交渉上注意すべきポイント

関連記事

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

TOP